大駒をわりと序盤で取られるという失態が結構ある。
が、それは棋力が低い、相対的に相手より低ければあり得る。
ただし大駒の取り合うなどもあるわけで、そうなるとまた話が違う。

しかし大駒を失うのみとか、失い方もある。
ここが難しい。

さて、勝った、または負けたとはいえ成長しない試合は
あまり好ましくないという視座wをもって考えていこう。視座とは視点を意識高くいう言葉程度の認識であり、やや揶揄的に使っている。視点でいいわけで。ややこし。

まず勝っても成長しない試合だ。
これは相手の棋力が低すぎる、ミスが多すぎるなど。
またこちらの、つまり相手の脳内将棋盤を読んでいない、つまり思考量が低いといえるが
そういう場合、成長はない。
最も弱い相手でも油断することなく勝つなどのスキルは上がるが、
それは試合を通じて出来ることであり、とくに試合そのものに関しての話ではない。

まぐれで勝つとか、こちらが考えずに打って勝つ。
これも成長はない。

勝っても意味がないのは成長がない試合といえる。


次に負けても成長する試合がある。
例えば手応えだ。棋力が高い相手も考慮時間がながければ一定の打ち方が
できているといえる。またどこで崩れたかが明確に分かる、またはあの打ち手がまずかったなど
通常は問題がないものも、局面で変わる、または全体の流れで変わるケースに気づくなど。
一定のパターンで打っている時に違う見解や発見が出来た時、囲いや手筋で面白いものや
新しい受け方を見つけた時(あくまで自分の中であり研究している人はスルー)。

そういう場合は負けても成長できる。
逆に負けてもいいので成長できる試合をしないと、いつまでたっても成長できない。

ここでの成長は棋力にも反映される。


負けて成長しない試合とは何か。
いわば、負けているのに成長しない要素が含まれる時だ。
一般的には早将棋とか、考える暇もないなど。
もちろんそれらは狙いがあればいいが、これらもミスで負けているなら
ミスを減らすような成長や視点が欲しい。それらがない、ただ打っているだけなら
将棋を一旦やめたほうがいい。

勝って成長する試合。
これが望ましいかもしれないが、順序が逆だ。
成長があって勝っている。そういう順序が良い。
人は勝ちを意識すると成長を置き去りにしやすい。これはトレーニングが必要だ。

勝ち負けはどうでもいい、もちろん勝ち負け数を出さないゲームはみたことがないので
強力な指標なんだろう。ゲームだから勝ち負けがあるくらいでいい。

楽しめる将棋やトリッキーや相手の虚を突くなどが好ましい。

どんどん成長する試合を打ちたいものだ。
 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット